虫歯や歯周病がある場合のインプラント治療

バナー

虫歯や歯周病がある場合のインプラント治療

インプラント治療は、今はいろいろな歯科医院で受けることができるようになってきていますが、人によってはすぐに治療を受けることができない場合があります。


そのような場合は、治療を受ける前に準備をしておく必要があります。

中でも虫歯や歯周病などがある場合は、まずはその治療を行うことが必要になってきます。
虫歯や歯周病は、普段の歯のケア不足によって引き起こされるものですが、このような状態であるとインプラント治療を受けることができません。

虫歯や歯周病を抱えている状態だと、インプラントを入れてもすぐにだめになってしまいます。

インプラントは手術を行う治療であり、歯茎を切り開いて、骨に穴をあけることになります。

Ameba Newsはとっても評判が良くて有名です。

麻酔によって痛みはほとんどありませんが、身体に傷をつけていることには変わりません。


もしも、虫歯や歯周病があれば、傷口から細菌が入ってしまうと、菌が繁殖して、感染症を引き起こすリスクがあり、治療を行うことができません。



もしも、歯周病があるのであれば、原因菌を取り除く必要があります。

また、骨の状態がやせ細っている場合は、新たに骨をつくる必要が出てきたりします。虫歯の場合は、まだ歯根が残っている可能性がありますから、それを除去しないと治療を行うことができません。
また、虫歯から感染症を引き起こす可能性がありますから、虫歯治療をしっかりと行う必要があります。



このように、歯を失ったからといって、簡単にインプラント治療を受けることができるというわけではないということになります。